Konifar's ZATSU

私はのび太の味方じゃないわ、悪の敵よ

タスクが終わったらleaveするSlackチャネル

社内アンケートや読んでおいてほしいマニュアルなどがある時、『タスクが終わったらleaveするSlackチャネル』を作って必要な人を全員入れておくと楽。同じようなことをやってる会社も多いんじゃないかと思う。 自分が所属している会社のSlackチャネル命名規…

自分のマネジメントのマインドセットの変化

マネジメントの仕事を始めて1年半くらい経った。日々ハチャメチャが押し寄せてきて泣いている場合じゃなく、落ち込んだりもしたけれどわたしは元気です。 主に気持ちの持ち方みたいなところでの変化を雑に3つくらい書いておくことにする。 自分がやる必要はない 全…

「何か質問や意見ありますか」の後の無言対策

オンラインのミーティングで「何か質問や意見ありますか」と聞いた後の無言がつらいんだよねという話を聞いた。わかる。自分はもはや慣れきってしまったけれど、今でもいい方法ないかなあと考えている。 いくつかやったことを書いてみる。組織によってもだい…

タスクの委譲における信頼と伴走の設計

息子氏がスプーンやフォークで一人で飯を食えるようになってめちゃくちゃ楽になった。素晴らしい権限委譲だ。ヤッタネ!! 自分はタスクを人にお願いするのが未だに得意ではない。息子氏がスプーンで飯を食えるようになったのも、嫁氏がスプーンを持たせて少しずつ…

相談されなくなる理由

誰かからの相談がなかった時、遅かった時、どうして相談してくれなかったのか、なぜ勝手に物事を進めるのかと憤りを感じることがあると思う。 自分の経験から言うと、相談されない時は相談を受ける側に理由がある。いや実際には違うかもしれないが、そう考え…

CIと食洗機

ソフトウェア開発の経験がない嫁氏と、たまに開発の話をする。いつだったか、たしか個人開発している時だったと思うが、CIとCDを先に整えておくのはとても重要という話をした。 仕事が終わってからもMacbookをいじっている自分に「今何してるの?」と聞かれ…

言いたいことを言える場の設計

言いたいことを言える場を強制的に作っておくことってめちゃくちゃ大事だと感じているのでその話をガッと書く。同じような話はいろんな書籍やブログで書かれているので、体系的なことを知りたい人はそっち読んだ方がいい。 いい感じのチームでは、言いたいこ…

自分の定型Tweetまとめ

最近雑なこと書いてないなあと感じているのでリハビリする。 自分の中で決まっている定型Tweetというのがある。たまにアレ何なんですか?と聞かれるのでざっとまとめておく。 俺が3人分になる 業務上3人分にならないとなあ〜と感じた時に書いてる。累計120人…

組織の"わからない"に対する不快感

組織の中で何らかの歪みを感じる時、その根っこにはある人が関係する物事について「わからない」「知らない」という感覚があることが多い。 例えば「なんでこんな非論理的な意思決定するのか。アホじゃないのか」と感じた時、本当にアホなこともあるかもしれ…

意見を言ってくれた人を孤立させない立ち振る舞い

2021年も雑にまとまりのない話を書いていくぞ! 今まで4社くらい経験してきた中で、嫌だなあ何とかしたいなあと思っている課題がある。「意見を言ってくれた人がなんだか孤立してしまう現象」である。どういうことか何となくイメージがつく人も多いのではな…

元アニメ制作進行の同僚Project Managerとの雑談

この記事はSHIROBAKO Advent Calendar 2020 25日目の記事です。 実は今所属している会社にはアニメ制作進行をやっていた経験があるProject Managerがいる。彼の視野の広さ、進行の管理能力にはいつも感嘆している。 プロジェクトが並行で複数走り、Product M…

リモート環境での雑談の工夫

リモートで働くようになって、当然だけど雑談が減った。 適度な雑談は必要だと思っている。雑にコミュニケーションとっておくと仕事で絡む時も楽だし、課題や改善の話がポロッと出たりもする。入社したばかりの人は馴染みやすくなるし、マネジメントする人は…

Kyashに入って学んだこと

辞めへんで! 採用面談で「Kyashに入社してから身についたことや学んだこと、経験したことを聞きたい」と言われて、とてもいい質問だなと思った。思えばたくさん学びはあったし、たまにこういう振り返りをするのはよい気がする。時系列無視、箇条書きで雑に…

採用を妥協すると優秀な人が疲弊する

採用を妥協していないという会社のツイートを見た。実際どうなのかはわからないけれど、そのマインドは素晴らしい。 逆に採用を妥協するとはどういうことかというと、今いるメンバーと同等もしくはそれ以上の成果が出せない人を入れるということだ。そうする…

マニュアルドキュメントアンチパターン

仕事でマニュアルのような手順を記載したドキュメントを書く時、常にメンテナンスを意識しておく必要がある。メンテナンスと言うと抽象的でわかりづらいので、自分の思いつくアンチパターンを雑にまとめておこうと思う。 タイトルに日付をつける 日が経つに…

オススメのすだちの食べ方

祖母の家の裏の山にすだちの木が群生していて、毎年この時期にたくさん届くので同僚やトモダチ、行きつけの居酒屋などに配っている。 どう食うのがいいのかとよく聞かれるので、そろそろオススメの食べ方をまとめておこうと思う。 そもそもすだちとは何かと…

仕事で親切と言われ始めたら注意

仕事において親切と言われ始めたらちょっと注意したほうがいいと思っていて、その話を雑にまとめておきたい。 親切と言われるともちろん悪い気はしないんだけど、同時にやばいなと感じることがある。親切と言われる背景には、「本来その人がやるべきでないタ…

面接官が2人いる面接に対するフィードバック

最近面接を2人体制でやるようにしてみたので、気になっていたことを聞いてみた。その結果を雑にまとめておく。 気になるので聞いてみたい面接者が2名いる面接、1名のときより緊張しますか— こにふぁー (@konifar) 2020年8月26日 面接する側の立場だと2人で面…

演じるうちにできるようになる

ある日SNSをみると知り合いが嘆いていた。子どもがYouTuberの話し方や仕草を真似し出して、あの不自然なハイテンションというか独特の雰囲気がひどく嫌らしい。 ちょっとわかる。一方で、そこまで影響を与えられるのすごいなと思ってしまった。何度も見てい…

質問に答えるのは難しい

息子が1歳になったがまだ言葉を話し出す気配がない。本当にこいつがペラペラと話して「何これなぜなぜ」と質問攻撃しだすんだろうか。全くもって想像がつかない。 質問といえば、質問に対して相手の聞きたい答えをキチンと回答するのって実はかなり難易度が…

意見を言う前に感謝や謝罪を伝えて感情の摩擦を減らす

最近のテラスハウスのメンバーは年齢が若めなせいかコミュニケーションが雑で衝突が多くつらい。マジで今期は人にオススメできない。 意見の伝え方がヘタクソで無駄に衝突が起きることが本当に多くて不毛。相手が感情的になりやすいような伝え方をしていて、…

劇場版SHIROBAKO見てきた

コロナのことを調べた上で映画館に見にいく判断をし、息子を寝かしつけてからレイトショーを見に行った。 雑に感想を書いておく よかった 正直最初の方悲しすぎてちょっと辛かった 宮森がカレー食うシーンで泣いてしまった。隣に座った外国人の方も泣いてた …

言いたいことあるけど言わんとこのパターン分け

「言いたいことはあるけど言わんとこ」ってなることあるよね。言わなくて正解ってことももちろんあるんだけど、仕事の中でそういうのが積み重なるとストレス溜まるし、自分が逆の立場だったらどんなことでも言ってもらいたいのでなるべく言うようにはしてい…

俺はハラスメントをしていないか

ビルド待ちだ。駄文を書こう。 昨日の夜から、カンファレンスで身体的特徴に言及するのはナシだよね、アンチハラスメントポリシーを載せるべきだよねという話がTLにいっぱい流れてきた。実際に不快な気持ちになった人がいて、楽しみにしていたカンファレンス…

いつか息子と松亭で

この記事はSHIROBAKO Advent Calendar 5日目の記事である。代打なので少し遅くなったが勢いで書くことにする。 adventar.org 劇中でずかちゃんがバイトしている居酒屋 松亭(正確には柗亭)に初めて訪れたのは、2015年7月のことだった。当時の話は@kgmyshin…

Slackの内容を見落とさない工夫

Slackに慣れてない人は、流れが速すぎてメンションされていても見落としてしまう...という悩みがあると聞いた。そこで、Slackの内容を見落とさないために工夫できることを雑にまとめておくことにする。適当に書いていくので、自分にマッチしそうだと思ったら…

お酒を飲めば誰でも気分転換になると思わないでください

この記事はSHIROBAKO Advent Calendar2019の記事である。 adventar.org 16話『ちゃぶだい返し』の小笠原さんのこの台詞がめちゃくちゃ好きだ。 「お酒を飲めば誰でも気分転換になると思わないでください。そういうことが苦手な方もいるのをお忘れなく」 言っ…

物事を前に進めるためのTips

物事を前に進めるのが上手な人がいる。時に手を動かし、時に人を巻き込み、時にファシリテートし、まるでブルドーザーのように問題を解決していくのである。そういう人を何人か見てきて、物事を前に進めるための小さなTipsみたいなものがいっぱいあるなぁと…

プロダクト開発における納得感

これを読んだ。 medium.com とてもよかった。特にココ。 エンジニア出身ならわかると思いますが、企画はもちろんデザインナーエンジニアも、「なぜつくるのか」「今後どうするのか」ということはとても関心のあることで、そこの納得感はチームのパフォーマン…

育ってきた環境が違う私には面白くないギャグだった

インターネッツの炎の元は、当人が面白いと思ったことが他の人から見たら面白くなかったみたいなケースが多い。 たとえばセロリが嫌いな人がいるとして「セロリ不味すぎるから燃やしたったw」みたいなことを言うと「セロリを無駄にするな」「農家に謝れ」「…