Konifar's ZATSU

私はのび太の味方じゃないわ、悪の敵よ

誰かのやる気が他の誰かのやる気を削ぐ現象について

気がつけば、この雑なブログを毎月更新していた。今月書けば1年なので、今日も雑に書いてみる。

これから書く話はすごい嫌な意見だけれど、誰かのやる気が他の誰かのやる気を削ぐ現象ってあるよなぁと思っていて、そのことについて書いておこうと思う。これは自分も大いに当てはまることがあって、そういう時は自己嫌悪になる。

例えば月曜日の朝。週末に何かやろうとしていて出来なかった朝。社内のチャットやTwitterで週末やってみました!みたいないわゆる"やっていき"を目撃すると、気分が沈む。あぁ、ここまで書いただけでもすごくネガティブで嫌な奴だということはわかる。わかってる。けどこればっかりは仕方ないよね。

これ原因もわかっていて、要は自分が自分に期待する成果をうまく出せていない時に、他の人のやる気を見せられるとすごく苦しくなるのだ。本来なら、お互いに最高じゃん最高じゃんと空気を高めあっていくのがいいともわかっている。自分も基本的にはそうなるんだけど、どうしようもなく気分が沈んでいるときとかあるじゃないですか。そういう時には、他者のやる気がとてもつらいものになる。結局自分もわかりやすい成果を出せばいいんだけれど、なかなか苦しいタスクに取り組んでいて、わかりやすく脚光を浴びない期間とか。ハァ、俺ってなんでこんなことやってんだろって気持ちになることもある。

毎日こんな気持ちでいるわけではなくて、たまーにそういうモチベーションの谷期間みたいなのがあるという話。他の人はないのだろうか。あんまり話したことないからわからないけど、そういう時には、誰かのやる気によって自身のやる気が削がれていくこともある。

自分の対処法は、散歩して今何に集中するべきか整理することで、だいたいこれで何とかなる。問題はチーム全体でそのやる気をどう扱うかというところで、自分もまだ答えが出ていない。持ち上げすぎてしまって居づらくなって休みがちになってついには来なくなってしまうみたいなこともあるのではないか。内輪の盛り上がりに疎外感を感じるというのに似ている。本当のところは本人に気持ちを聞かないとわからないけど。ちなみに自分は辞めてえなぁ抜けてえなぁと思ったことある。

すごいネガティブで救いようのない話になってきて心配になってきた。まぁいいか。雑ブログだし。 自分の"今"の環境への不満とかじゃなく、思い返せば俺もそういうことあるよなぁという話なのでそこだけは頼む。

私からは以上です。