読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Konifar's ZATSU

私はのび太の味方じゃないわ、悪の敵よ

同期と飲んだので雑にまとめてみる

新卒の時の同期が日本に帰ってきたタイミングでちょくちょく飲んでいて、男2人のサシ飲みなのでしょうもない話から真面目な話まで色々語るのだけど、せっかくなので雑にまとめてみる。

君の名は。設定

「超ひも理論とか、設定としては入れてあるんだよな」
「何がすごいって、そういうの全部削って仕上げてるところですよ」
「それな」

言の葉の庭

「最近言の葉の庭を見返したんだけど、やっぱり最高でしたわ」
「究極に完成された46分だよな」
「それな」

言の葉の庭2

「そういえば、最近言の葉の庭の英語版聞いてGitHubに書き起こし上げてるんだけどさ」
「うん」
「最初の雨の日は乗り換えずに地下鉄を出るのナレーションの次の台詞が『チョコレートとビールって』なんだよ。3分半くらいずっと環境音と情景だけで見せてる」
「究極に完成されてるな」

LA転勤

「そういえばLAいつ行くんだっけ?」
「6月くらいだね。けど実はわりと絶望してるんだよね。俺暮らしていけるのかな…」
「お、どうしたの?」
「いや、マジで何もないのよ。後輩は『でかい富山市みたいな感じ』って言ってて、言い得て妙だった」
「でかい富山市」

劇場版SAO

「4Dマジ気持ち悪くてめっちゃ辛かった」
「え、そんなにすごいの?」
「引くほど揺れるし、剣が交わるたびにピカッピカッって劇場全体が光る」
「ヤバそう」

劇場版SAO2

「キリト最初っから活躍してほしかったよね」
「たしかに。2日間で劇的に変わったよねキリト」
「アンダーワールド編の後なら最初っから無双できたかもしれない」

SAOアンダーワールド編

「あれどうすんだろうね?」
「3クールは欲しい」
「今までってどんな進み具合だっけ?」
「4クールで7巻分くらいまで行ったかな」
「ヤバそう」

ひるね姫

「俺もうちょいファンタジー一色かと思ってた。魔法の捉え方はよかった」
「わかる。最後のエンディングのところはぐっと来た」
「昼寝は昼寝だったよね」
「そうだね」

Yuiモジュール

「キリトがYuiを数秒で切り離してモジュール化できたのは茅場パイセンの設計がよかったからだと思ってる」
「たしかに」

Yuiモジュール2

「YuiはDIされていたのでは」
「Yui切り離したとして、キリトはYuiMockを差し込んだのだろうか」
「けどコード触ってたの数秒だったから、たぶんIDEが優秀だったのでは」

ザ・シード

「YuiがALOの中で復元できたってことは、茅場パイセンはSAOリリース時にはすでにザ・シードパッケージを想定して作ってあったってことだよね?」
「茅場パイセンパネェ」
「俺らなら納期に間に合わせるためにTODOコメントで妥協してる」

ザ・シード2

「ザ・シードってどこまで提供してるんだろうね」
「ALOとSAOだけ見てもレベリングやスキル部分は全然違うっぽいよね」
「たぶんザ・シード自体は本当に枠だけで、細かいプラグインがたくさんあるんじゃないかな」
「SAOリリース時点でそこまで作り込んでたの…」
「茅場パイセンパネェ」

リチプア

「リッチマン、プアウーマンは新人研修で見せたい」
「わかる」
「だ・れ・が・つ・か・う・ん・だ・?って言いたい」
「本質だ」


他にもっと真面目な話もしたと思うんだけど、うまくまとめられない。とにかくたまに会ってもこういうとりとめもない話ができるのはいいものだなと思った。