Konifar's ZATSU

私はのび太の味方じゃないわ、悪の敵よ

新人の正論を取り込む準備と心構え

最近新しく人が入ってきて、今まで手がつけられていなかった部分に対する正論をストレートにぶつけてきてくれて思わずにやけてしまった。 そう、新しい人には感じたことをそのまま言ってほしい。まだ自分が成果を出せるかわからないタイミングで正直に思った…

モブオプスなかなかよかった

最近opsチームに入って、まずは業務を知ることにした。 ドメイン知識とツールの習熟が必要な業務がまあまあ多くてキャッチアップに時間がかかりそうだったので、モブプロ*1ならぬモブオプスをやってみたらどうかと思い実行してみたところ、なかなかよかった…

想像力の欠如と美学の相違

インターネッツ上ですごいつよい言葉を使う人がいる。 そんな言い方しなくてもいいじゃんかと思うことも多い。お母さんの前でも同じこと言えるのかと思ってしまう。 そういう言葉を言ってしまう人とそうでない人の違いは、想像力と美学の2つだと思っている。…

やりたい人だけやればいいクラウドファンディング

昨今のインターネッツには無数のクラウドファンディングがひしめいている。 こんなことを言ったら怒られてしまいそうだが、「それくらいなら自分で2ヶ月バイトすればいいのでは...?」と思ってしまうものもわりとある。特に、自分の夢を実現するためにお金が…

歯に衣着せぬ発言と美学について

雑に考えをまとめておきたい。雑すぎて気分を悪くしたらすまない。自分が「雑に書く」というときは別に深く考えていないわけではなく、「色んな印象で捉えられるのをできるかぎり想定して文章を練る手間を省くよ」という意味なので、ちょっとムッとしたとし…

優しさからくる過激な発言こわい

今日もインターネッツは怒りに満ちている。 この記事を読んで感じたことを雑にまとめておきたい。 type.jp 内容はすごく共感して、そうだよねーと思いながら読んだ。けどまず最初に感じたのは「この人口調きついなーいつも怒ってそうでこわいなー」というこ…

誰かを応援するときの余計な言葉について

たまにさ、ちょろっと罵倒した上で「けど俺はお前を応援してるから言ってるんだ」みたいなこと言う人いるよね。あんまりよくないスポーツの監督とか。あれ言われる立場としては何も響かないし何なら嫌な感情のほうが強く残るのでマジでやめたほうがいい。 「…

よくわからない仕事に対する想像力とコミュニケーション

今日も今日とてインターネッツは怒りに満ちている。 プログラマーに「簡単な修正なんでチャチャっとやっちゃってください」とお願いするのは、大工さんに「簡単な修正なんで家を5cmズラしてください」と言うようなもんかもしれないぞ。簡単かどうかはお前が…

社内のエンジニア以外のメンバーにFlutterハンズオンをした時の振り返り

先日、Kyashのエンジニア以外のメンバーに向けてFlutterの環境構築からアプリをビルドして動かしてみるところまでのハンズオンをしてみた。 メンバーは企画・営業、Product Owner、デザイナー、カスタマーサポートの4人だった。結果から言うと、まあめちゃく…

採用基準における「地頭のよさ」とは何か

どんな人を採用するかという会話の中で、地頭がいい人がいいよねという話になった。 なんとなく言いたいことはわかるが、同時に「地頭がいいって何だろうな」という話にもなり、結局結論は出なかった。 出なかったんだけど、やはり採用を強化する上で採用基…

SlicesのCodelabが激アツだった

一日一善という感じで毎日ちょっとずつI/Oのキャッチアップをしていて、今日はSlicesのCodelabをやってみた。 Creating Android Slices Codelabめっちゃ簡潔で、ゆっくりやっても40分くらいで終わると思う。ところどころコードが間違ってたりするのはご愛嬌…

Google I/O 2018初日キャッチアップ所感

普通にぐっすり寝て朝起きてからTLと公式ブログあたりを見ながらキャッチアップした。現地のみなさんには感謝しかない :pray: 色々あったので雑に所感をまとめておきたい。間違いもあると思うので何かあれば優しく指摘してくれると嬉しい。 App Bundle devel…

真面目な文章にカッコを多用するのはやめたほうがいいのではないか

うまく言語化できないんだけど、カッコを多用するのはやめたほうがいいと思ってる。言語化できていない以上自分の感覚による好みでしかないのだけれど、雑に考えをまとめておきたい。 どういう文章かというとこういうやつ。 カッコを多用するのはやめたほう…

何も起きなかったことを評価する

猫を2匹飼っているんだが、2匹目のツーがワンパクで常にいたずらを考えて生きている。しかしごく稀にいたずらを"しないで"いい子にしていることがある。そういう時に「偉いねぇ〜」と褒めようとして考えたことを雑にまとめておきたい。「何もしなかった」…

技術書典4 く-52で『Flutterミニレシピ』という薄い本を出します

ときが経つのは早いもので、もう当日である。そして快晴である。ヤッタネ!! 30ページくらいの薄いFlutterの本を頒布します。500円です。 すみません、12時くらいに売り切れました :bow: いやーFlutterはドキュメントがめちゃくちゃイケてるから「そもそもワシが…

「ちゃんと」という言葉が与える印象

今日も今日とてインターネッツは怒りに満ちている。 chantoという働く女性向け雑誌の中吊りを見て、不快感を感じる人がいたようである。 朝から奥さまがご立腹です。働く女性のための雑誌「chanto」かぁ。そもそも名前が呪いだもんね。働く女性のためなのに…

数字目標と悪手

雑にまとめる。今所属している会社の話ではない。 ダサいけどやれば短期的には数字が上がる施策というのが存在する。 ダサいという表現は主観が混じっているし攻撃的な言葉だけれど、めんどくさいのでここではダサいと表現する。 例を上げると、ウザいPush通…

デジタル画入門10日目 : 影を塗ったりした

影を塗ってみたらちょっとずつ表紙っぽくなってきた。 ただ、もともと目指していた透明感のある絵ではなく、重厚感のあるボテっとした絵になってしまったかもしれない。 これはデジタル画の色彩調整とかでなんとかなるのだろうか。もう時間がないのでこのま…

デジタル画入門9日目 : 色を塗ってみた

色を塗ってみた。想像の3倍くらい時間がかかってしまう。大変である。 気がつくと塗り絵みたいにべたっと塗ってしまうんだけれど、もっと光源を意識して塗らないところを決めた方がいいのだろう。デジタル画の場合、後から簡単に消せるのが素晴らしい。逆に…

技術的にも工数的にもできるけど歯切れが悪い返事をしてしまった

会社で微妙な返事をしてしまって、しかもその気持ちをうまく伝えきれなかったので雑にまとめておく。 何が起きたかというと、技術的にも工数的にも何も問題ない機能なんだけど「うーん、それ今やるのかぁ」みたいな気持ちが拭えず微妙な返事をして結論を出し…

デジタル画入門8日目 : 背景をかいた

背景をかいた。 Procreateだと線をかいたあとでそのままペンをのせていると直線をひけることがわかった。すごい。定規がいらない。 なんだか何を書いてもダサい背景になる気がして何度も書き直してしまった。少し時間が経ってから見返してみるとすごくちゃっ…

デジタル画入門7日目 : 線画がだいたい終わった

メインの女の子の線画がかけた。慣れている人なら10分くらいでこういう線画はかいてしまうのだろう。 手と髪の毛なかなか決まらず何度も書き直してしまった。書き直す上で、デジタル画は素晴らしい。例えば髪の毛だけ書き直したい場合、髪の毛の部分だけレイ…

質問の目的と礼儀のバランス

コインチェックの会見中、記者の質問が下手くそすぎるという意見をよく見る。わかる。まあ記者さんの仕事も個人もよく知らないのであんまり悪く言える立場でもないのだけれど「ああ友達にはなれなそうだな、近寄りたくないな」とは思う。 悪いと思うものを悪…

デジタル画入門6日目 : 線画の下書きができた

ようやく線画の下書きくらいのものができた。 線の太さや角度など、ちょっとした違いで全然雰囲気が変わってしまう。しかしデジタル画は戻るボタンですぐに戻せるし、消しゴムを使えば紙が汚くなることなくきっちり消えるしすごい。最高というしかない。 髪…

誰かと自分を比較しすぎると幸せ度が下がる

人と自分を比べすぎるとよくないよなと思っていて、そのへんの話を雑に書いておこうと思う。 大事なのは、比較しすぎるのがよくないということだ。たまに比較して自分の立ち位置を相対的に確認するのはいい。やりすぎは禁物だということだ。 無知だからこそ…

デジタル画入門5日目 : 表紙の構図を決める

表紙の構図を決めた。 齋藤飛鳥さんが片膝立ててるポーズがあまりに可愛かったので真似することにした。 可愛い女の子の顔をドアップでかきたい気持ちもあるが、ドアップに耐えられるクオリティの表紙に仕上げられるか自身がなかったので体全体を写す感じに…

デジタル画入門4日目

そろそろ構図を決めないと間に合わない。 普段よく観察していないからか、どんなポーズや表情をかいても不自然な感じになってしまう。本来はちゃんと勉強しないといけないのだろう。 土日で仕上げないと原稿のほうもやばいので頑張る。

デジタル画入門3日目

デッサンをちゃんと勉強している人からすると違和感だらけなのだろうが、見よう見まねで線画を描いてみることにした。そろそろ表紙の構図を決めないと間に合わないと思ったからだ。 林檎とFuchsiaの花とDroidくんは入れたかった。あとで消せると思うとどうし…

デジタル画入門2日目

なかなかうまくかけない。このペースで果たして技術書典に間に合うのだろうか。原稿も書かなければならないというのに。 いまだに下書きの下書きくらいのものしかかけない。質感のある下塗りをするにはアーティスティックブラシのガッシュを使うのがよさそう…

デジタル画を始めた

技術書典の表紙をかくためにデジタル画をやってみることにした。 アナログでかいてスキャンしてもいいのだが、もともとデジタル画に興味があったので物は試しとやってみた。 最初はペンタブでやってみようと思ったのだが、ペン先と描かれるディスプレイが離…